要注意!予約しても飛行機に乗れない事がある


【飛行機の予約にひそむ落とし穴】
格安航空や格安旅行パックと言った宣伝文句で集客している企業が増えました。確かに正規価格でチケットを予約すると結構なお値段になってしまいますから、少しでも安く予約しようとするのは当然の事です。しかしこの格安航空券には思い掛けない落とし穴がひそんでいます。

予約日当日、飛行機に乗るために空港で手続きをしていると、何故か航空券が発券出来ない。機械のトラブルか予約に問題があったのかとやきもきしながらカウンターに行くと、なんと座席が用意出来なかったと告げられる。「予約したのにそんな馬鹿な事があるか!」と思われるかも知れませんが、本当にこう言う事があるんです。

【何故座席が用意されなかったのか】
原因は、航空会社のシステムに問題がありました。航空券の中には、変更や払いもどしもできます。そのような航空券を買っている人の多くは、予定の変更(途中でスケジュールが変わり渡航予定をキャンセルする人)が出る可能性が高い人であり、実際それをつかわない人も少なくありません。そうなると当然、空席が出来てしまいます。企業としては、空席が出来た挙げ句に払い戻しをされるくらいなら他の乗客を乗せたいと言うのが本音です。では、空席を回避するために企業側は何をするかと言うと、本来の座席数よりも多く予約を取るのです。そうすれば搭乗しない人が出ても、他の人が搭乗する事が出来ますよね。

しかしこのシステム、時にはキャンセルする人や乗らない人が予想していたよりも少なく、予約した人が全員飛行機に乗れないという事も有り得ます。そのような時にどうやって調整するかというと、格安旅券を持っている人をはじく事で帳尻合わせをするのです。

【繁忙期でも確実に飛行機に乗るために】
このような状況は、お盆やゴールデンウィークなどの航空会社の繁忙期に起こりやすいです。もしその時期に確実に乗りたいと考えているならば、航空会社のHPから直で座席を予約したり、席の指定を行う事でこの事態を回避する事が出来ます。公式ホームページから航空チケットを予約するとお値段が高くなると思われがちですが、早い段階で購入すればかなり安く購入する事が出来ます。

【乗れなかった時のフォロー】
チケットを購入したのに乗れなかったのですから、当然フォローもあります。代替便の手配、最終便の場合はホテルの予約などです。また協力金ももらえるので、人によってはお得だと感じる事もあるようです。